スリーブアンテナは非常に簡単な構造です。1/4λのエレメントの下に、同軸ケーブルが1/4λの長さ繋がり、その部分を網線導体で同軸の表面を覆う風になっていて、これですべてです。無論、網線部分は、内部の同軸の外皮部分と繋がっています。実験として、430MHZと28MHZで試してみました。

 430用は非常に短く、豚のしっぽ見たいです。無線機のすぐ後ろに付けて様子を見たのですが、姿勢でSWRがかなり変わります。まっすぐ保持すると(水平になっている)、SWR=1.2程度、垂直で2程度、斜めだとその中間、ってな具合で、姿勢で凄く影響を受けます。編み導体部分に手を近づけると、これまた凄くSWRが上がります。よって、使いにくい感じです。

 また、28MHZ用はかなり長く、これを釣竿の先にガムテープで固定して様子を見ます。我が家のベランダは物干し用で、ここで実験したところ、21MHZのグランドプレーンみたいな結果になりました。つまり、水平に置くと、28,6MHZでSWR=1.2程度、垂直でSWR=2程度。

 建物の影響が大きく、これも使い辛い。本来、垂直で設置したいのに、上手く行きません。

 21MHZでダイポール的に設置した時も、SWR=2以下が実現できなかったのと同じように、このアンテナも同様でした。

 どうも、野原のような広い場所に行って、何も周りに無い環境で試さないと駄目なようです。実験も本格的にやらないと結果が付いてきません。このところ、QSLカード発行の準備とか確定申告とか、あれこれと忙しく難儀してます。この先のアンテナ実験は少し先になりそうです。

 

QRV Info.

2017  
 NOV/28  planning
 OCT/15  BW/JA0JHQ
 SEP/01-05  E51JHQ
 JUL/26-30  S79NH
 JUL/7-11  M#/JA0JHQ
 JUN/16-19  AH0CO/KL7
 MAY/26-29  EI4VYB
 APR/23-30  JD1BOW
 APR/07-09  AH0CO/KH6
 MAR/20-21  EA9/JA0JHQ
 FEB/10-12  9H3NH
 2016  
 NOV/24-28  A52NH
 OCT/14-17  CE0Y/JA0JHQ
 SEP/22-26

 5W0JHQ

 SEP/01-04  JT5NH
 JUL/28-AUG/1  JA0JHQ/6
 JUN/16-19  9N7NH
 MAY/04-10  E6AC
 APR/08-10  HL4ZHC
 MAR/17-21  A52NH
 FEB/13-22  JD1BOW
 2015  
 OCT/10-13  JA0JHQ/VK5
 SEP/19-26  JA0JHQ/VK9C
 SEP/03-07  YJ0NH
 JUL/18-21  JA0JHQ/TF
 JUN/19-21  JD1BOW
 MAY/07-11  JA0JHQ/VK9X
 MAR/28-30  JD1BOW
 MAR/12-16  A35JR
 JAN/31-FEB/01  ZL7/JA0JHQ
 JAN/09-12  AH0CO/KH8
 2014  
 DEC/19-21  JA0JHQ/VK9N
 NOV/21-24  FK/JA0JHQ
 NOV/01-04  JD1BOW
 OCT/11-14  JD1BOW
 OCT/03-05  V63XP
 SEP/12-16  AH0CO
 SEP/05-08  T88PB
 AUG/10-12  JA0JHQ/VK9L
 JUL/20-22  9M6/JA0JHQ
 MAY/23-25  AH0CO/KH2
 MAR/26-30  9M6/J0JHQ
 FEB/28-MAR/02  AH0CO/KH2
 FEB/01-02  AH0CO/KH2
 2013  
 OCT/25-27  KH0/JA0JHQ
 SEP/05-07  T88ZD