海外移動の際に使っているハイバンド用シングルエレメントのデルタループアンテナを紹介します。クワガタ型です。図を挿入してみますした、少し見辛いかも。

 材料は以下です。

1、GFRP製の釣竿(6.7mが望ましいですが、今は5.4m)2本

2、カメラ三脚(SLIKというタイプ)

3、V字アダプタ(アルミパイプ製です。友人が溶接の達人のため、今回は溶接で作ってもらいました)

4、高さ調整用のアルミパイプ(Φ18)

5、マッチング用カップラ(コンデンサはシルバードマイカ240PF程度でOK)

 デルタループはインピーダンスが110オーム程度であることと、シングルバンドではなく、18MHZ~28MHZを一本のエレメントでこなしてしまいたい為、π-C型のカップラを作って入れています。

 π-C型にしたのは、バリコンの耐圧が低くて良いため。(市販品では1KV程度の耐圧のものしか安価で手に入りません=門田無線さん) 調整は慣れると、アンテナアナライザを見ながら10秒程度で可能です。バンド切り替え時間は、1分程度かと思います。

 釣竿はカーボン製は駄目で、グラスファイバー製にします。先端部のしなりが、じつはかなり重要で、見た目が良いです! カメラ三脚は、地面に杭が打てれば必要ありません。

 銅線の長さは、18MHZを使用しようとすると、このカップラ回路の場合、15.6m以上ないとマッチングが取れません。本当は18MHZの正規長さ=17mは欲しいところ。

【性能面】

 打ち上げ角が低いようで、給電点高さ1.5mでも結構使えています。200w出力でも、18/21MHZで、VK9-EUで53から59のレポートでした(相手のアンテナ性能によると思いますが)。VK9-JAは受信で55程度でしたが、JD1からは良く飛んで、JAは59で届きます。

 サイドと正面は、TS-480HXの目盛の読みで51と53~54程度の違いがありました。Sで三つくらいでしょうか?


QRV Info.

2017  
 SEP/01-04  E51???
 JUL/26-30  S79NH
 JUL/7-11  M#/JA0JHQ
 JUN/16-19  AH0CO/KL7
 MAY/26-29  EI4VYB
 APR/23-30  JD1BOW
 APR/07-09  AH0CO/KH6
 MAR/20-21  EA9/JA0JHQ
 FEB/10-12  9H3NH
 2016  
 NOV/24-28  A52NH
 OCT/14-17  CE0Y/JA0JHQ
 SEP/22-26

 5W0JHQ

 SEP/01-04  JT5NH
 JUL/28-AUG/1  JA0JHQ/6
 JUN/16-19  9N7NH
 MAY/04-10  E6AC
 APR/08-10  HL4ZHC
 MAR/17-21  A52NH
 FEB/13-22  JD1BOW
 2015  
 OCT/10-13  JA0JHQ/VK5
 SEP/19-26  JA0JHQ/VK9C
 SEP/03-07  YJ0NH
 JUL/18-21  JA0JHQ/TF
 JUN/19-21  JD1BOW
 MAY/07-11  JA0JHQ/VK9X
 MAR/28-30  JD1BOW
 MAR/12-16  A35JR
 JAN/31-FEB/01  ZL7/JA0JHQ
 JAN/09-12  AH0CO/KH8
 2014  
 DEC/19-21  JA0JHQ/VK9N
 NOV/21-24  FK/JA0JHQ
 NOV/01-04  JD1BOW
 OCT/11-14  JD1BOW
 OCT/03-05  V63XP
 SEP/12-16  AH0CO
 SEP/05-08  T88PB
 AUG/10-12  JA0JHQ/VK9L
 JUL/20-22  9M6/JA0JHQ
 MAY/23-25  AH0CO/KH2
 MAR/26-30  9M6/J0JHQ
 FEB/28-MAR/02  AH0CO/KH2
 FEB/01-02  AH0CO/KH2
 2013  
 OCT/25-27  KH0/JA0JHQ
 SEP/05-07  T88ZD